株式会社オーシャンズプラス > 株式会社オーシャンズ・プラスのスタッフブログ記事一覧 > 今後も高まるニーズ!注目の不動産投資「ペット可物件」

今後も高まるニーズ!注目の不動産投資「ペット可物件」

≪ 前へ|不動産投資に関する収益還元法とは?計算方法も   記事一覧   不動産投資のNOI利回りとは?計算方法を知り物件のもつ収益性を知ろう!|次へ ≫

今後も高まるニーズ!注目の不動産投資「ペット可物件」

今後も高まるニーズ!注目の不動産投資「ペット可物件」

ペットブームといわれる昨今、日本では犬猫の飼育頭数も15歳未満の子どもの数を上回っているといわれています。
ペットと一緒に暮らしたいと願う人の需要が高まる一方で、ペット可の物件は供給が不足しています。
今後もこのニーズは高まると目されており、成功する不動産投資として、今「ペット可物件」に注目です。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資先としてペット可物件を選ぶメリットとは!?

投資先にペット可の不動産を選択することにより、多数のメリットがあります。
まず、大きなメリットとしては「入居率のアップ」が挙げられます。
不動産投資の物件であっても空室リスクは避けたいもの。
ペット可物件なら、たとえば最寄り駅から遠かったり、築古であったりしても、希少物件であるために入居ニーズをとらえます。
同時に、周辺物件と比較しても競争力が高まり、入居率がアップする可能性を秘めています。
また、ペット可物件は数少ないことを入居者も理解していますから、新しい物件を探すことも困難なため、入居期間が長くなるケースも多いでしょう。
賃料が高く設定しやすいメリットもあります。
先々まで安定した不動産投資がかないそうですね。
さらに、飼育は柱やフローリングに傷をつけたり、クリーニングが必要になったりするケースもありますが、敷金もアップしやすいので多めに預かれれば安心できますね。

デメリットもある!?不動産投資先としてペット可物件を選ぶ際の注意点

多数のメリットが魅力的なペット可物件ですが、いくつかデメリットもあるので確認しておきましょう。
ペット可を強く望む人がいる一方で、飼育する予定がない人にとっては検討からはずれてしまうことになり、入居者が限定されるリスクがあります。
またペットと一緒に住んでもらうためには、コンセントの位置を高くしたり、傷のつきにくいクロスを選んだり、初期費用が多く必要になる可能性もあるでしょう。
初期投資だけでなく、原状回復時にも費用が多くなるケースもあります。
ペットの爪をこまめにケアしたり、避妊や去勢もおこなったり、適切な飼育と管理を心がけてくれる入居者ならリスクは軽減されるでしょう。
最後に、近隣住民からのクレームなどトラブルのリスクがあることもデメリットです。
ペットを飼育する者同士、入居者間では問題になりにくくても、近隣に対しては鳴き声や排泄物がトラブルのもとにならないよう配慮することが大切です。

おすすめ|新築物件特集

まとめ

不動産投資で注目したいペット可物件の魅力や注意点について解説しました。
社会背景として、ペットの家族化が進むなか、ニーズはますます高まりそうです。
ぜひ、メリットとデメリットを比較しながらご検討ください。
私たちオーシャンズ・プラスでは、東京を中心に収益不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資に関する収益還元法とは?計算方法も   記事一覧   不動産投資のNOI利回りとは?計算方法を知り物件のもつ収益性を知ろう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社オーシャンズ・プラス
    • 〒108-0074
    • 東京都港区高輪3丁目19-46
    • 0120-333-672
    • TEL/03-6404-8845
    • FAX/03-6404-8846
    • 東京都知事 (1) 第98877号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る