株式会社オーシャンズプラス > 株式会社オーシャンズ・プラスのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資の積極的な収益アップに!レバレッジ効果を知ろう

不動産投資の積極的な収益アップに!レバレッジ効果を知ろう

≪ 前へ|不動産投資は土地選びが重要?選び方のポイントとは?   記事一覧   不動産投資を検討している人へ!現地調査の必要性を解説します|次へ ≫

不動産投資の積極的な収益アップに!レバレッジ効果を知ろう

不動産投資の積極的な収益アップに!レバレッジ効果を知ろう

不動産の投資をするうえで「レバレッジ効果」という言葉を目にする機会は多いのではないでしょうか。
これは、不動産投資に限らず、借入金を用いるあらゆる投資においてとても重要な言葉です。
ここでは、不動産投資を行っている、またはこれから行おうと考えている方に向けて、レバレッジ効果とは何か、そして考えられる注意点とは何か、について解説していきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

少ない資金をかしこく活用!不動産投資におけるレバレッジ効果とは

では、まずレバレッジ効果とはどういったものなのかご説明していきます。
そもそも「レバレッジ」とは、「テコの原理」のことを指しています。
テコの原理とは「小さい力で大きな効果を生む」ことなので、不動産投資に置き換えると、「少ない資金で効果的に大きな収益を得る」という意味になります。
つまりここでいうレバレッジ効果とは、「自分の資金だけでは購入が不可能な不動産を、銀行から融資を受けることで購入し、見た目の利回り以上の収益を得る」ことなのです。
たとえば、1000万円の自己資金では当然1000万円の不動産しか買えません(細かい経費などに関してはここでは省きます)
利回りが10%だとすれば、収益は100万円です。
しかし、銀行から1000万の融資を受けたとすると、2000万円の不動産が購入でき、収益は200万円になります。
お金を借りているので金利として銀行に借入金の4%を支払ったとしても、200万円-40万円で160万円の収益が手元に残ることになるのです。
どちらも「見た目の利回り」は10%ですが、同じ自己資金をもとに、より効果的に収益を得ることができています。
このような方法が「レバレッジ効果」と呼ばれるものです。

逆レバレッジ効果に注意!不動産投資で気を付けるべき数字とは

レバレッジ効果にはメリットしかないように思えてしまいますが、実は注意すべき点もあります。
それが、「逆レバレッジ」と呼ばれるものです。
レバレッジ効果は場合によっては損失を生むもとになってしまうことがあります。
それは「金利が高い」、もしくは「利回りが低い」場合です。
先ほどの「1000万円の自己資金と1000万円の融資で2000万円の不動産を購入した場合」で考えても、利回りが5%、金利が10%になったとすると、収益が100万円、金利が200万円となってしまいます。これでは100万円の損失です。
レバレッジ効果を見据えた不動産投資をするのであれば、金利の動向に注意し、借入金額やローンの種類を念入りに検討する必要があるでしょう。

必見|一棟マンション・アパート特集

まとめ

レバレッジ効果は、うまく活用すれば少ない資金で大きな収益をあげることができる投資テクニックです。
しかし一方で、損失を生んでしまう恐れも秘めています。
大きなお金を動かす不動産投資ですので、正しい知識をしっかりと身につけ、賢くレバレッジ効果を活用できるようにしましょう。
私たちオーシャンズ・プラスでは、東京を中心に収益不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資は土地選びが重要?選び方のポイントとは?   記事一覧   不動産投資を検討している人へ!現地調査の必要性を解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社オーシャンズ・プラス
    • 〒108-0074
    • 東京都港区高輪3丁目19-46
    • 0120-333-672
    • TEL/03-6404-8845
    • FAX/03-6404-8846
    • 東京都知事 (1) 第98877号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る