株式会社オーシャンズプラス > 株式会社オーシャンズ・プラスのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資の頭金の目安は?頭金なしで始める場合のデメリットやリスクも解説

不動産投資の頭金の目安は?頭金なしで始める場合のデメリットやリスクも解説

≪ 前へ|マンションの住環境を決めると言っても過言ではない?マンション管理適正化法とは?2020-8-18   記事一覧   不動産投資のキャッシュフローとはいったいなに?重要性や計算方法を解説|次へ ≫

不動産投資の頭金の目安は?頭金なしで始める場合のデメリットやリスクも解説

不動産投資の頭金の目安は?なしで始める場合のデメリットやリスクも解説

不動産投資を始めるとき、はじめに物件を購入しますよね。
その際ほとんどの人がローンを組むと思いますが、頭金を支払うべきなのか悩むところだと思います。
この記事では不動産投資を検討している人に向けて、頭金なしで投資を始めるデメリットと、頭金を払う際の支払い目安についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資を頭金なしで始めるデメリットやリスク

不動産投資を頭金なしで始める場合、主に以下の2つのデメリットがあります。

資産拡大にかかる時間が増える

頭金なしで投資を始める場合、不動産購入にかかる金額をすべてローンでまかなうことになります。
そのため毎月の家賃収入の多くを、必然的に返済のために当てる必要があるのです。
また返済期間が長いと金融機関との間に信用が築きにくく、新しくローンを組むことが困難になります。
一軒目の投資が軌道に乗り次の物件に着手しようと思ってもローンの審査に通らず、資産拡大に時間がかかってしまうかもしれません。

金利が上がる可能性がある

現在の日本は、長らく低金利状態が続いています。
そのため不動産投資が始めやすく、ローンも組みやすい時代だと言えるでしょう。
しかしこの低金利状態がいつまで続くかはわからず、いつ、どのタイミングで金利が上昇するかはなかなか予測できません。
頭金なしで投資を始めると、そのぶん金利が上がった際に返済利息も増えてしまうので、注意が必要です。

不動産投資を始める際の頭金の目安は

次に不動産投資で組むローンで、頭金を払う場合の目安金額を解説します。
はじめに、物件を購入する際、不動産自体の価格以外に主に以下のような諸費用がかかることをチェックしておきましょう。

●不動産仲介手数料
●司法書士手数料
●印紙代
●不動産投資ローン事務手数料


上記の諸費用を合わせて、不動産投資で用意する頭金の目安は2割から3割程度だと言われています。
もし自身が高額所得者だったり資産家だったりする場合、頭金なしで借りられるケースもあるようですが、基本的には物件価格の2割程度の支払いは求められると言って良いでしょう。
もし2,000万円の物件を購入しようと思うと頭金だけで400万円ほどの準備が必要なため、不動産投資を始める前には資産が足りるか、支払後に充分な貯蓄が残せるかなどをしっかり確認しましょう。

おすすめ|新築物件特集

まとめ

不動産投資を頭金なしで始めると、自己資産を温存できるメリットがありますが、金利上昇や月々の返済額の上昇などのデメリットもあることがわかりました。
不動産投資を万全な準備で始められるように、支払いに必要な頭金の目安をしっかりとチェックしてみてください。
私たちオーシャンズ・プラスでは、東京を中心に収益不動産物件をご紹介しております。
気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マンションの住環境を決めると言っても過言ではない?マンション管理適正化法とは?2020-8-18   記事一覧   不動産投資のキャッシュフローとはいったいなに?重要性や計算方法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社オーシャンズ・プラス
    • 〒108-0074
    • 東京都港区高輪3丁目19-46
    • 0120-333-672
    • TEL/03-6404-8845
    • FAX/03-6404-8846
    • 東京都知事 (1) 第98877号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る