株式会社オーシャンズプラス > 株式会社オーシャンズ・プラスのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資のローンを繰り上げ返済するメリットとデメリットについて

不動産投資のローンを繰り上げ返済するメリットとデメリットについて

≪ 前へ|不動産投資の災害リスクへの備え方やハザードマップの確認方法をマスターしよう   記事一覧   不動産投資家が加入すべき保険とは?その注意点についてもご紹介|次へ ≫

不動産投資のローンを繰り上げ返済するメリットとデメリットについて

不動産投資を始めるとき、金融機関でローンを組んで資金調達する人がほとんどです。

 

ローンを借りたあとは、完済するまであらかじめ決めた金額を毎月少しずつ返済していきますが、予想よりも利益が上がったときには早めに多く返せるシステムがあります。

 

これは繰り上げ返済と呼ばれ、不動産投資を有利に進めるために重要視される大切なポイントのひとつです。

 

この記事では不動産投資をおこなっている方や、これから始めようと思っている方へ向けて、ローンの繰り上げ返済がもたらすメリットとデメリットについて解説します。

 

不動産投資で繰り上げ返済するメリットとは

 

不動産投資のローンを繰り上げ返済するメリットとデメリットについて


 

不動産投資のローンを繰り上げ返済する最大のメリットは、支払わなければならない利息の合計額を減額できることです。

 

不動産投資のために借りるローンは大金になることが多いため、その分最終的に払わなければいけない利息も多額になります。

 

しかし繰り上げ返済のシステムを活用して効率よく元本部分を返済できれば、数十万から数百万円分の利息が浮く可能性があります。

 

またローン完済までにかかる期間を短くできることも、繰り上げ返済の大きなメリットと言えるでしょう。

 

購入した不動産を自分の資産にして投資の利益を安定させるには、ローン完済までの期間を短縮するに越したことはありません。

 

新たな物件に投資したいと思いついたときに、以前の物件を繰り上げ返済で完済しておくと、前回よりも好待遇の融資を受けられる可能性が高くなるのです。

 

それはローン残高が残っていない物件を担保に新たな融資を組めるためであり、この仕組みを使えばより簡単に不動産投資を次々に拡大できるでしょう。

 

不動産投資で繰り上げ返済するデメリットとは

 

ローンを繰り上げ返済するデメリットには、手続きの手数料がかかることや、一時的に自己資金が減ってしまうことなどが挙げられます。

 

繰り上げ返済は手続きごとに手数料が発生してしまうため、こまめに少額を返済するよりは、ある程度まとまった金額を一括返済したほうがよいでしょう。

 

また一時的に自己資金が減ってしまうと、万が一地震や火災などで不動産が被害を受けたときに、修繕に回すお金が足りなくなってしまう可能性があります。

 

目先の利益を追求するあまり、不測の事態に陥ったときに対応できないとなってはいけません。

 

有事の際に新たにお金を借り入れたり、生活を圧迫したりしてしまわないように計画的な返済を心掛けましょう。

 

まとめ

 

不動産投資のローンを繰り上げ返済する際は、万が一の災害や修繕対応にも経費が回せるように調整することが大切です。

 

繰り上げ返済はそのメリットだけでなく、デメリットもしっかりとチェックしましょう。

 

私たちオーシャンズ・プラスでは、東京を中心に収益不動産物件をご紹介しております。

 

気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!
≪ 前へ|不動産投資の災害リスクへの備え方やハザードマップの確認方法をマスターしよう   記事一覧   不動産投資家が加入すべき保険とは?その注意点についてもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社オーシャンズ・プラス
    • 〒108-0074
    • 東京都港区高輪3丁目19-46
    • 0120-333-672
    • TEL/03-6404-8845
    • FAX/03-6404-8846
    • 東京都知事 (1) 第98877号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る