株式会社オーシャンズプラス > 株式会社オーシャンズ・プラスのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資の災害リスクへの備え方やハザードマップの確認方法をマスターしよう

不動産投資の災害リスクへの備え方やハザードマップの確認方法をマスターしよう

≪ 前へ|不動産投資必須の単語「利回り」とは?その計算方法や注意点を解説   記事一覧   不動産投資のローンを繰り上げ返済するメリットとデメリットについて|次へ ≫

不動産投資の災害リスクへの備え方やハザードマップの確認方法をマスターしよう

不動産投資で成功するためには、上手な立ち回りや余裕を持った経営のほかに、災害リスクを深く理解することも大切です。

 

日本は災害大国とも呼ばれ、毎年台風や地震が各地に大きな爪痕を残しています。

 

備えあれば憂いなし、とことわざにもあるように、不動産投資ではいつか起こるかもしれない災害リスクにしっかりと目を向け、対策を練っておくことが安心に繋がるでしょう。

 

この記事では不動産投資をおこなっている方や、これから始めようと思っている方へ向けて、災害リスクへの備え方やハザードマップの確認の仕方などをご紹介します。

 

不動産投資の災害リスクへの備え方


不動産投資の災害リスクへの備え方やハザードマップの確認方法をマスターしよう


 

不動産投資をおこなう際のリスクには、空き室リスクや家賃滞納リスク、金利変動リスクだけでなく、災害リスクと言われる危険が伴います。

 

万が一、火災や地震で不動産が損壊、減失してしまった場合、今まで利益の支えとなっていた家賃収入が途絶えてしまうだけでなく、売却時の価格の減少や修繕費用の増加など多くの不利益を被ります。

 

その不利益を最大限減らすため、災害リスクには入念な対策を施しましょう。

 

主な災害リスクへの備え方としては、購入時に新耐震基準が適用された物件を選んだり、耐震補強工事をおこなったりする方法、あらかじめ火災保険に加入しておくことなどが挙げられます。

 

とくに火災保険は保険会社によって補償内容に差はありますが、火災のほかに落雷や風災、雪災などの天災、盗難や迷惑行為などの人の手による不利益などもカバーしてくれる場合が多いので、入っておいて損はないでしょう。

 

 

不動産投資の災害リスク管理はハザードマップを活用しよう

 

災害リスクの備え方のひとつに、地域のハザードマップを確認する方法があります。

 

ハザードマップは、洪水や地震などの災害が起きた場合に、その地域が被りうる被害を視覚化し、地図上にまとめたものです。

 

そのため不動産投資を始める前にハザードマップで想定災害リスクを下調べすることは、投資後の不利益を予防するためだけでなく、有事の際の冷静な立ち回りを可能にします。

 

各エリアのハザードマップは、国土交通省や各自治体のホームページから誰でも容易にアクセスできるため、何度も入念に確認しておきましょう。

 

またハザードマップは無償で公開されているため、火災保険加入や工事と違い経済的な負担のない優秀な災害リスク対策方法と言えるでしょう。

 

まとめ

 

不動産投資で災害リスクに備えるためには、工事や保険などでさらに支出がかさむ場合がありますが、万が一のためにかならずチェックしておきましょう。

 

もちろんハザードマップの確認と下調べも忘れずおこなってくださいね。

 

私たちオーシャンズ・プラスでは、東京を中心に収益不動産物件をご紹介しております。

 

気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!
≪ 前へ|不動産投資必須の単語「利回り」とは?その計算方法や注意点を解説   記事一覧   不動産投資のローンを繰り上げ返済するメリットとデメリットについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社オーシャンズ・プラス
    • 〒108-0074
    • 東京都港区高輪3丁目19-46
    • 0120-333-672
    • TEL/03-6404-8845
    • FAX/03-6404-8846
    • 東京都知事 (1) 第98877号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る