株式会社オーシャンズプラス > 株式会社オーシャンズ・プラスのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資必須の単語「利回り」とは?その計算方法や注意点を解説

不動産投資必須の単語「利回り」とは?その計算方法や注意点を解説

≪ 前へ|不動産投資で節税できるのか?落とし穴や気をつけるべきポイントもご紹介   記事一覧   不動産投資の災害リスクへの備え方やハザードマップの確認方法をマスターしよう|次へ ≫

不動産投資必須の単語「利回り」とは?その計算方法や注意点を解説

不動産投資を新たに始めようと思い、投資の先輩たちが教える基礎知識や体験談を読んでいると、「利回り」という単語を頻繁に耳にします。

 

言葉の雰囲気から、おそらく不動産投資の利益に関する単語だろうとは推測できますが、実際はどのような意味をもつのでしょうか。

 

また計算の仕方や注意点はどのようなものなのでしょうか。

 

この記事では、不動産投資を始めようと思っている方や、始めたばかりの方へ向けて、利回りとは何か、計算方法についてご紹介します。

 

不動産投資必須の単語「利回り」とは?その計算方法や注意点を解説



不動産投資における利回りとは


 

不動産投資の利回りとは、自分自身が投資した金額に対して、その結果得られるだろうと思われる見込み収益のことを指します。

 

利回りの高い投資方法を適用すればするほど、得られる利益が大きくなり、資産運用に有効に作用したり、安定的な不動産経営が可能になったりします。

 

不動産投資の利回りはパーセンテージで表されることが多く、想定利回り、表面利回り、実質利回りの3つに分類されるため、それぞれ入念に確認することが大切です。

 

通常、不動産の築年数が古ければ古いほど利回りが高く、反対に築年数の浅い物件は利回りが低い場合が多くなります。

 

しかし利回りとは、あくまで見込み収益でしかないため、修繕費用や家賃収入の変動により想定外の利益低下が起こる可能性があるので注意が必要です。

 

利回りの高い物件で投資する際は、それに伴うリスクの大きさも考慮しつつ、入念に投資計画を練りましょう。

 

見込み利益の大小だけで投資を決めるのではなく、本当に利回りに見合う物件かどうか、自分自身がそれらのリスクに納得できるかを冷静に判断しましょう。

 

不動産投資における利回りの計算方法


 

次に、想定利回り、表面利回り、実質利回りの計算方法についてそれぞれ解説します。

 

物件が満室状態の場合に得られる利益を表す想定利回りでは年間に不動産投資で得られる予定の全収入÷物件価格×100」の式で求められます。

 

表面利回りとは、税金や管理費用などの諸経費をすべて除外して計算でき、計算式は「現在実際に得ている年間の全収入÷物件価格×100」となります。

 

表面利回りに、経営する上で必要な管理費や税金をすべて加え計算し直した見込み利益が、実質利回りになります。

 

実質利回りは「(不動産投資の現在の実収入-諸経費)÷物件価格×100」の計算式で求められ、不動産投資でもっとも考慮しておきたい利益はこの実質利回りといえるでしょう。

 

まとめ


 

本格的に不動産投資を始める前に、的確に理解しておきたい利回り。

 

少なからずリスクがある不動産投資で希望通りの成功を収めるために、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

私たちオーシャンズ・プラスでは、東京を中心に収益不動産物件をご紹介しております。

 

気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!
≪ 前へ|不動産投資で節税できるのか?落とし穴や気をつけるべきポイントもご紹介   記事一覧   不動産投資の災害リスクへの備え方やハザードマップの確認方法をマスターしよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社オーシャンズ・プラス
    • 〒108-0074
    • 東京都港区高輪3丁目19-46
    • 0120-333-672
    • TEL/03-6404-8845
    • FAX/03-6404-8846
    • 東京都知事 (1) 第98877号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る