株式会社オーシャンズプラス > 株式会社オーシャンズ・プラスのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資で節税できるのか?落とし穴や気をつけるべきポイントもご紹介

不動産投資で節税できるのか?落とし穴や気をつけるべきポイントもご紹介

≪ 前へ|不動産投資をする人は知っておきたい借地借家法   記事一覧   不動産投資必須の単語「利回り」とは?その計算方法や注意点を解説|次へ ≫

不動産投資で節税できるのか?落とし穴や気をつけるべきポイントもご紹介

不動産投資を始めたあと、効果的に節税するためには、税金について正しい知識や落とし穴について学んでおくことが大切です。

 

節税目的だけで不動産投資を始めてしまうと、投資が軌道に乗ったあとに、想定外に多額の税金を納めることになってしまうかもしれません。

 

この記事では、不動産で投資を始めたい方に向けて、不動産投資で本当に節税できるのか、節税のために気をつけるポイントについてご紹介します。

 

不動産投資で節税できるのか?落とし穴や気をつけるべきポイントもご紹介



不動産投資では節税できる場合もある


 

結論から言うと、不動産投資は節税できる「場合」があります。

 

たとえば、「損益通算」といって、不動産投資をおこなう上で発生した赤字を確定申告することによって、会社勤め分の給料から天引きされている所得税を還付してもらうことが可能です。

 

また法人税は、個人事業主が納める所得税よりも金額が抑えられるため、不動産投資が軌道に乗ったら法人化すると節税できます。

 

ただし法人化すると必要業務が増えてしまうため、本業が忙しい方は注意が必要です。

 

もう一つ、「減価償却費」と呼ばれるものがあり、これは不動産投資に必要な経費を購入年度にすべて計上するのではなく、不動産の耐久年数全体に渡って少しずつ計上する方法です。

 

この「減価償却費」は利益から差し引くことができるので、結果的に節税に繋がります。

 

不動産投資で節税するためのポイントや落とし穴について


 

不動産投資で節税するために気をつけたいポイントは3つあります。

 

1つ目は、不動産購入を急ぐあまり、不動産周辺の情報や賃貸物件の相場をよく確認せずに選択しないことです。

 

入居者が現れないことには、運営経費ばかりが嵩んでしまい、赤字投資になってしまいます。

 

2つ目は、節税を狙うあまり赤字経営を繰り返さないことです。

 

節税目的の不動産投資では、本業の給料から納金される所得税還付を深追いしすぎてしまい、赤字経営を繰り返してしまう方もいます。

 

節税は大切ですが、不動産投資で長期的な利益を得るための運用方法も計画しておくとよいでしょう。

 

3つ目のポイントは経費として計上できるものを探すあまり、結果的に自身の資産を減らしてしまう落とし穴に気をつけることです。

 

不動産所得内で赤字を収められればよいですが、本業で汗水垂らして得た貯金を取り崩すことにならないよう、経営管理を行いましょう。

 

まとめ


 

不動産投資では、上手にやりくりできれば大きな節税効果を得られます。

 

しかし、節税を狙いすぎて資産をすり減らしてしまう可能性があることも念頭にいれ、長期的に安定した不動産運用を目指せるとよいですね。

 

私たちオーシャンズ・プラスでは、東京を中心に収益不動産物件をご紹介しております。

 

気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい
≪ 前へ|不動産投資をする人は知っておきたい借地借家法   記事一覧   不動産投資必須の単語「利回り」とは?その計算方法や注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社オーシャンズ・プラス
    • 〒108-0074
    • 東京都港区高輪3丁目19-46
    • 0120-333-672
    • TEL/03-6404-8845
    • FAX/03-6404-8846
    • 東京都知事 (1) 第98877号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る