株式会社オーシャンズプラス > 株式会社オーシャンズ・プラスのスタッフブログ記事一覧 > オーナーチェンジで物件を手に入れるメリットとは?気をつけることも紹介

オーナーチェンジで物件を手に入れるメリットとは?気をつけることも紹介

≪ 前へ|不動産投資のチェックポイント!リスクと対策についてご紹介   記事一覧   不動産投資初心者のための勉強方法とそのメリット・デメリットについて|次へ ≫

オーナーチェンジで物件を手に入れるメリットとは?気をつけることも紹介

新たに不動産投資を始めようと思っている方のなかには、新築物件を購入するべきか、オーナーチェンジ物件を手に入れるべきかで悩んでいる方もいるかと思います。

 

オーナーチェンジとは、文字通りマンションやアパートを入居者はそのままでオーナーだけを交代することですが、投資ではどのような特徴があるのでしょうか。

 

この記事では、不動産投資におけるオーナーチェンジとは何か、また中古物件をオーナーチェンジの形で手に入れるメリットと、投資する際に気をつけることについてそれぞれご紹介します。

 

オーナーチェンジで物件を手に入れるメリットとは?気をつけることも紹介


オーナーチェンジで物件を購入する際のメリットとデメリットとは

 

中古物件のオーナーチェンジとは、マンションやアパートに現在入居している住人を引き継ぐ形で、現オーナーが次期オーナー(購入者)へ賃貸物件を売ることです。

 

今までのオーナーから引き継ぐものは、賃貸物件そのものや住人だけでなく、物件や入居者に対する一切の権利と義務も含まれます。

 

<オーナーチェンジのメリット>

 

オーナーチェンジ最大のメリットには、やっぱり購入後すぐに利益が見込めることが挙げられます。

 

そのため今後の利回りの予想が立てやすく、初めての不動産投資でも安心して取り組めます。

 

また、オーナーチェンジ物件は、通常の新築物件に比べて価格設定が安く、かつ金融機関のローンが新築物件よりも組みやすいこともメリットと言えるでしょう。

 

<オーナーチェンジのデメリット>

 

オーナーチェンジ物件を購入するデメリットは、現在の入居者がどのような人物なのかわからないことや、部屋の間取りや現在の汚れ具合などを正確に把握しにくいことです。

 

また、入居者には居住権があるため、彼らが前オーナーと交わした家賃などの契約を一方的に変えることはできません。

 

オーナーチェンジで物件を購入する際に気をつけることとは

 

オーナーチェンジ物件を購入するに気をつけることは、修繕履歴の確認です。

 

実際に室内を見て自分の目で把握することは難しいですが、過去の修繕履歴や管理状況を確認すれば、ある程度現状は把握できるので要チェックです。

 

また、意外に見落としがちですが、オーナーチェンジ物件での投資を成功させるためには、現オーナーがどのような理由で売りに出しているか知ることも大切です。

 

オーナー自身の資金繰りのための売買だとしたらあまり気にする必要はありませんが、「利回りが悪い」「立地が優れない」などの理由には気をつける必要があります。

 

まとめ

 

新築物件よりも不動産投資の参入をより容易にしてくれるオーナーチェンジ物件。

 

新築物件の購入では得られないメリットは多いですが、デメリットや気をつけるべきこともあるので、素敵な物件を見つけられるようぜひチェックしてみてくださいね。


私たちオーシャンズ・プラスでは、東京を中心に収益不動産物件をご紹介しております。

 

気になる物件がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

≪ 前へ|不動産投資のチェックポイント!リスクと対策についてご紹介   記事一覧   不動産投資初心者のための勉強方法とそのメリット・デメリットについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社オーシャンズ・プラス
    • 〒108-0074
    • 東京都港区高輪3丁目19-46
    • 0120-333-672
    • TEL/03-6404-8845
    • FAX/03-6404-8846
    • 東京都知事 (1) 第98877号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る